女性ホルモンと生理の関係

女性ホルモンと生理の関係について

生理が遅れたり来なかったりするという女性ホルモンが有ります。忙しすぎて整理が遅れる、来ない場合は女性ホルモンのバランスが乱れている証拠だと言われています。

 

生理が遅れたりする場合、普段とは違ったことが起こったりとか、ストレスが溜まったり、不眠症になったりと様々なことが関係したりします。

 

生理が毎月正常にやってくるのは脳と卵巣によるホルモンの連携プレーがちゃんと取れているからであり、生理が反映に遅れたり、長期間来なかったりするという時におこります。

 

決して珍しいことではないのですが、毎回のように生理が起こるときに起こると問題になります。

 

ストレスなどで故障が起こりやすいのは脳の視床下部という部分で、ここは食欲や感情などを司る部位で精神的、身体的ストレスがかかると大きな影響を受けます。仕事が忙しすぎたり、人間関係のトラブルによって精神的な疲労で、ヒートアップしてしまうと考えると、どうしても精神的な部分が崩れやすくなり、卵巣の部分に乱れが起こりやすくなります。

 

特にまじめな人に起こりやすいことがわかっているために、仕事をしつつも、休憩して、息抜きの時間を作ることが大事です。

 

自分を大事にする時間を作っておくことはすごい大切なので、そこら辺をしっかりとしておくことが重要になると思います。