生理のことを考えて、生理をやわらげること

カフェインの量を調節する

生理前はホルモンのバランスの変動により、気持ちの浮き沈みが大きくなる。なおかつ、加齢により、女性ホルモンの閉経により更年期障害が起こってしまいます。気持ちの浮き沈みも大きくなり、気持ちが沈むときは、歯止めが効かなくなるために、症状が起こる前に、しっかりとしたケアが重要になりますね。

 

そこで、一定のリズムで食材をカムこと。
こんなちょっとした事なんですが、女性ホルモンの安定につながると言われています。一定のリズムでカムことで、副交感神経が優位になり、気持ちがリラックスします。口寂しくなったり、昆布やわかめ、するめ、タコなどを噛みます。逆に避けたいのはカフェインですね。

 

ただし、カフェインが含まれているコーヒーや紅茶は微量なら女性ホルモンを調節するためには必要とされているので、バランスを考えた調節が重要。神経を興奮させる作用があるので、イライラ屋根付きの悪さにつながるのも関係する、一日に500mlいないと決めてから吸収すること。

 

毎日有る低ぢの一定量を考えて服用することで、気持ちを安定させることができるために、生理を辛くする軽くするの調節を考えてから生活をおくることが大事になります。

 

 

ページトップへ