女性ホルモンの乱れ

ホルモンの流れについて

年齢によりホルモンの流れは変わるものですが、実は朝と夜でホルモンの流れは変わるものです。そのなかで、朝、昼、夜の中で、時間よって量が変わることがあります。

 

多くのホルモンは1日の家で分泌量が変わり、例えばストレスの程度を調べるのは利用されるコルチゾール、朝起きた直後に最も多く、夕方から夜にかけて減っていき、急激に増えていくことがわkっています。このように、ホルモンには1日の中で量が変化するものが多いわけです。

 

では、女性ホルモンも1日のうちに多い時間帯、少ない時間帯があるかといえば、更に有り、女性ホルモンは1日の家で時間帯の量が多く、少ないということはほとんどありません。しかし、母乳を作るホルモンであるプロラクチンは1日のうち、午前中は分泌量が落ち着いていて、ストレスがかかると分泌量が増えてい行きます。

 

そのために、月経時の時はどうしてもホルモンのバランスの崩れが激しくなるために、どうしても頭痛や吐き気などが起こることが有ります。

 

ただし、分泌量が変わると言っても、かなりの差というわけではなく、刺激が強くなるほどではありません。

 

過剰なストレスが掛かるなどではないために、そこまで考えこむことではないとも言われています。女性ホルモンについては1日のうちの分泌量に変化はないと考えておくことが大事なんです。

 

しかし、普段とは違った症状を感じた場合は、まずは産婦人科にて検査を受けてみること。自分の判断で放置したり、ピルを服用すると、症状が悪化するおそれがあるために、十分に注意が必要になります。