女性ホルモンを安定させる

30代から女性ホルモンを維持

更年期に入る前に、ある程度は基礎体温を測るために、ある程度はケアをしておくことも重要です。

 

そこで、女性ホルモンの減少や乱れを抑えるために、基礎体温をつけることが重要になります。目覚めた直後の安静時に布団の中で図るのが基礎体温。整理が始まって2週間ほど低体温期、その後、排卵を経て、次の生理まで2週間ほどが、高温期というふうに2層に分かれている。女性ホルモンが正常に分泌され、きちんと排卵していることが重要。

 

最近では、基礎体温を記録する機会も販売されているために、うまく利用するのもいいかと思います。毎日10秒間だけ口中チェックすることで、簡単に測ることができます。

 

 

毎日のように、正常を保てればいいのですが、バランスが乱れがちになることで、女性ホルモンの乱れが起こりやすくなります。そのようなときは、婦人科を受信して、検査などを行うこと。

 

それから、普段からの食事なども心がけること。ちょっとした事ですが、ストレスを溜めすぎることで、ホルモンが乱れることもあります。適度な運動、全身の血流を保つことで、脳や卵巣の機能を保ってホルモン分泌の低下を防ぐことにもつながります。

 

 

ページトップへ