プレモンの役割

更年期とプレモン

更年期が影響で、女性にとって大切な女性ホルモンの乱れが起きやすくなります。症状が起こっても対処法は色々あるので大丈夫です。

 

例えば、ピルであるプレモンは女性ホルモンであるエストロゲンやプロゲステロンをバランスよく吸収することができます。

 

どうしても、生まれた時は女性の卵巣の中には約200万個ほどある乱視、年齢とともにその数は徐々に減少し、殆どなくなって閉経を迎えます。それが50歳前後になります。更年期とはこの閉経をはさんだ前後10年間。とてもつらい時期になるために、バランスを整えるためにプレモンを服用します。

 

閉経に向けて、体内では女性ホルモンが徐々に減少。すると、ホルモン減少を完治した尿が慌てて卵巣にホルモンが出せと指令を出しつづけます。

 

この過剰なホルモン指令に心身がパニックを起こすことで自律神経やメンタル、免疫系などが影響を受け、様々な不調が生じる更年期障害に及ぶ。

 

ここから、精神的にも辛くなるために、事前からホルモンを整えることが重要になると思います。

 

 

ページトップへ